コラムやお知らせについてのお問い合わせはメールでご連絡ください。

離婚の年金分割は納付記録。金額ではありません。

離婚時の年金分割で知っておくべきこと

離婚時の年金分割は、H19年に始まった。

離婚から2年以内の手続きが原則。分割の対象は、年金額ではなく納付記録。

したがって、現役世代でも制度を活用できる。

別れた夫がその後、年金の受給前に亡くなったとしても、元妻は分割された記録に

基づいて年金を受け取ることができる。

 

■知っておくべきポイント

①夫の年金額の半分が分割されるわけではない。

分割対象は、年金の2階部分にあたる厚生年金部分。1階にあたる国民年金は、分割されない。

 

②分割の納付記録は、婚姻期間中に限られる。

婚姻期間の短い場合は、あまりメリットがないかもしれません。

 

③妻の年金に支給されていた「振替加算」がなくなることがあります。

「振替加算」は、厚生年金に240ケ月以上加入していた妻には支給されません。記録が分割されたことによって、加入期間が加算され停止されることがあります。

 

④離婚年金分割の手続きをしても、すぐに受け取れる訳ではありません。

あくまで受給年齢にならないと年金は、受け取れません。

building 【当社のご案内】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館5F
株式会社Y'S Happiness(ワイズハピネス)
代表取締役 野上佳男
TEL : 03-6869-4417
お電話(9:00~18:00) メールのお問い合わせ(24時間)
※ご相談は 事前予約制 となっておりますので、まずはご連絡下さい。
お金の悩み・ライフプラン・相続問題・資産運用などのご相談お待ちしております メールでのお問い合わせはこちらから