コラムやお知らせについてのお問い合わせはメールでご連絡ください。

ちょっとイメージしずらい「通勤災害」(労災法)の認定

労災保険の目的には、業務災害に関する保険給付のほかに、通勤災害に関する保険給付も含まれている。

「通勤災害」とは、

労働者の通勤による負傷、疾病、障害、又は死亡とされている。

言葉では、なんとなくイメージはできるものの、実際の判定はなかなか難しいように感じることが多々あります。

 

例えば、

昼休みに自宅まで時間的に十分余裕をもって往復できる労働者が、

午前中の業務を終了して帰り、午後の業務に就くために出勤する往復行為について。

⇒このケースは、通勤に該当します。

 

上司の命により従業員の無届欠勤者の事情を調査するために、通常より30分早く「自宅公用外出」として自宅を出発、自転車で欠勤者宅に向かう途中に電車にはねられ死亡した災害は?

⇒このケースは、業務上の災害とされています。

 

勤務先から病院に寄ってそのままその病院に3日間入院した後、自宅に帰る途中に交通事故による災害は?

⇒このケースは、通勤災害に該当しない。

 

通勤の途中、理美容のため理髪店又は美容院に立ち寄る行為は、特段の事が認められる場合を除き、日常生活上必要な行為とみることができ、その後合理的な経路に復した後については?

⇒通勤として認められる。

 

通勤災害・業務災害・それ以外と労災にかかわることについて、なかなかイメージ難しいものも多いと思います。

個人においては、内容によって受ける給付が変わってきますし、企業側においても、労災保険料の負担をしていて、保険料率のアップ・ダウンにもつながるものなので、ある程度の認識は必要と思われます。

 

 

building 【当社のご案内】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館5F
株式会社Y'S Happiness(ワイズハピネス)
代表取締役 野上佳男
TEL : 03-6869-4417
お電話(9:00~18:00) メールのお問い合わせ(24時間)
※ご相談は 事前予約制 となっておりますので、まずはご連絡下さい。
お金の悩み・ライフプラン・相続問題・資産運用などのご相談お待ちしております メールでのお問い合わせはこちらから