コラムやお知らせについてのお問い合わせはメールでご連絡ください。

ご存知でうか?法改正を受けて、旬な年金を増えるかもしれない方法をご紹介。ご興味ある方はご確認ください。

■■国民年金法の法改正により、保険料の納付について特例創設■■

H27~H28の施行で、保険料の納付等の特例の創設により、場合によっては年金の給付を増やすことが可能になりました。

例)

特例事由に係る保険料納付等の特例の創設

事務処理の誤り等の事由により、保険料の納付の機会を逸失した場合などについて、その保険料

の納付などを可能にする制度が設けられた。

・新たな後納制度の創設

期限切れのいわゆる10年後納制度に代えて、H27年10月~3年間、いわゆる5年後納制度を適用することとされた

付加保険料の納付の特例(特定付加保険料の納付)の創設

H28.4.1施行の改正前の規定を適用しなかったとしたらならば、付加保険料を納付する者となった期間について、

H28.4から3年間、特定保険料を納付できることとする制度が設えられました。

措置期間 納付できる期間 老齢基礎年金の受給権者
特例保険料(特例事由)
特例付加保険料(特例事由)
特定付加保険料

(時効消滅不整合期間)

H28.4.1~3年間 10年以内
特定保険料

(時効消滅不整合期間)

H27.4.1~3年間 50歳以上60歳未満の期間

(60歳未満の者は10年以内)

後納保険料(納付済・免除以外) H27.10~3年間 5年以内 ×
追納(免除分) 10年以内 ×

 

building 【当社のご案内】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館5F
株式会社Y'S Happiness(ワイズハピネス)
代表取締役 野上佳男
TEL : 03-6869-4417
お電話(9:00~18:00) メールのお問い合わせ(24時間)
※ご相談は 事前予約制 となっておりますので、まずはご連絡下さい。
お金の悩み・ライフプラン・相続問題・資産運用などのご相談お待ちしております メールでのお問い合わせはこちらから